注目の記事 PICK UP!

無地だからこそ素材の良さを実感できます。

こんにちは。EXCY FORMAL NEWS 担当の洲鎌です。 フォーマルアクセサリーメーカーとして○○年!今回は弊社のロングセラー商品をご紹介します。

弊社の蝶ネクタイとカマーバンドで最も長く続いている商品。無地の蝶ネクタイとカマーバンド。爆発的ヒット商品ではありませんが何十年もの間、多くのお客様にお使い続けていただいているロングセラー商品です。

この商品に使用している生地は日本有数のシルク生地産地、山梨県富士吉田の小さな織物工房で織られる拝絹地です。富士吉田は平安時代から始まる歴史ある産地。富士山からの湧き水が出るこの土地は、良い染色に必要な条件である美しい水が豊富にあります。

紡織の工程の弊社の拝絹地は僅か47cmの幅に経糸を13,000本も使い、さらに緯糸は120デニールの糸をダブルに撚って240デニールの驚異的な太さの糸を使っています。昔ながらのシャトル織機でゆっくり織ることで空気が含まれ、立体感のある生地が織り上がります。染色、製糸、整経、紡織をそれぞれの職人がお客様の為に、良い物を作るためにと厳しい品質管理の下製造しております。

僅か47cm幅の生地は高級タキシードの衿元を美しく輝かせる拝絹地として使われこの生地を惜しげもなく使い作り上げた蝶ネクタイとカマーバンド。黒以外でもグレー、シルバー、ワイン、ネイビー、オフホワイトの6色を同素材でご用意させていただいております。多くのお客様に実際に手で触れていただき素材の良さを感じていただければ幸いです。

関連記事

  1. 英国バーナーズの高級シルク生地で作るウェディング用ご新郎様向けオーダーマスク

  2. 結婚式の新郎の衣装は日本ではなぜタキシードと呼ばれているのか?

  3. 深喜毛織の最高級素材、カシミヤ、グアナコ、アイベックスの販売開始致しました

  4. 魅惑の機屋!?上質な生地を訪ねて(前編)

  5. Albert Thurston Limited Edition (世界で500本限定のアルバートサー…

  6. 富士吉田の絹産業の歴史

  7. 富士吉田のシルクジャガード、英国バーナーズのシルク生地、山栄毛織の美しいリネンの生地見本が出来ました…

  8. 勲章に関する疑問(種類、デザイン、つけ方、衣装)

  9. 蝶ネクタイ誕生の歴史。スカーフからネクタイそして蝶ネクタイへ。

PAGE TOP