注目の記事 PICK UP!

サスペンダーのデザイン、仕様、パーツによる価格の違いとは?

こんにちは。EXCY FORMAL NEWS担当の洲鎌です。今回はサスペンダーの仕様と価格について書いてみました。

サスペンダーのデザイン、仕様の例

  • X型エラスティックク直付けクリップタイプ
  • Y型エラスティックレザー付きクリップエンド
  • Y型エラスティックレザーエンド
  • Y型エラスティック2in1
  • Y型リジットレザーエンド
  • Y型リジット2in1
  • Y型生地レザーエンド
  • Y型生地2in1
  • BOXクロス

サスペンダーの価格が違う理由

  • ブランドによる付加価値
  • 生産地、ロットによる違い
  • 使用するパーツによる違い
  • 製作に要する作業量による違い
  • 帯の素材による違い

大体このような理由になると思います。

1つ目のブランドによる付加価値ですが、同じように見える商品でも世界的ラグジュアリーブランドのサスペンダーと他のブランドのサスペンダーでは価格に大きな違いがあります。

2つ目は特に説明の必要は無いと思いますのでここでは省きます。

3つ目の使用するパーツの違いですがこれがかなり重要で外見がほぼ同じに見えるサスペンダーにもかかわらず、値段に大きく差があることがあります。X型エラスティック直付けクリップタイプで特に多く、理由としてはクリップの構造や素材、メッキによって違ってきます。下の画像はクリップの画像ですが、クリップの内側部分の構造がクッションが付いているタイプとなにも付いていないタイプがあります。この違いは重要でクリップの内側にクッションが付いていることでズボンに挟み込む際に生地を傷めないメリットがございます。当然外見が同じように見えるサスペンダーでもクリップの内側にクッションが付いている方が割高になります。画像の商品の素材は両方とも真鍮ですが鉄製のクリップもありそちらのほうがコスト的に安くなります。

4つ目の製作に要する作業量による違いに関しては例えばX型エラスティック直付けクリップタイプは材料に革は使われておらず製造工程も他のデザインと比べ単純ですので最も低価格帯のデザインです。一方他のデザインのサスペンダーは全て革が使われており製造工程に革の型抜き縫製が加わる為、製造にはある程度の手間と時間を要します。中でも最も手間がかかるのはY型生地素材2in1で、クリップと本体を繋ぐ革のパーツがレザーエンドより多く、生地で帯を作る工程もあり非常に手間がかかるため価格も高額になります。

5つ目の帯の素材はエラスティック(幅が細い)タイプが最も低価格で、シルクやカシミヤ等を使用した帯は高額品となります。

デザインの中で他のサスペンダーとはかなり異なるBOXクロスは歴史的に古くからある非常にクラッシクなデザインで通常のサスペンダーの革の殆どが牛革製ですが、ボックスクロスは上質で柔らかいゴートスキン(山羊革)を使用しておりさらに革部分の縫製を手作業で行っているおり、とても味わい深いサスペンダーのひとつです。

最後にご紹介させて頂きたいサスペンダーが英国アルバートサーストン社のリミッテッドエディションです。このサスペンダーは著名な画家の作品や歴史上の音楽家、女優など個性豊かな図柄をモチーフにシルク素材で作られた帯で製作されており、しかも500本限定モデルとなっております。多少高額品ではございますがご希望がございましたら1柄3本からご注文できますので、お問い合わせ頂ければと存じます。

弊社ではオリジナルブランドのEXCY FORMAL、海外ブランドのアルバートサーストン、ブレッテッレブレイシーズ等のサスペンダーを豊富に取り扱っておりますので卸ご希望の法人様、小売店様はお気軽にお問い合わせ下さい。 さらに、1本から可能なオーダーサスペンダーの製作も承っております

こちらのサービスに関するお問い合わせ先。株式会社ヤマモト フォーマル部

TEL 03-3254-1053

Email formalall@excy.co.jp

そのほか、法人様でフォーマルアクセサリーについてのOEM/ODMや、大口ご注文での別途お見積り依頼、営業担当からのご連絡をご要望の場合は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

または、上記でもご案内させていただきましたBtoBのアパレル資材サイト「ApparelX」も合わせてご覧ください。

個人様でフォーマルアクセサリーのご購入をご検討の方は、こちらのショッピングサイトをご利用くださいませ。

または、商品紹介や取扱店舗など、随時更新しております、ブランドサイト「EXCY FORMAL」も覗いてみてください。

関連記事

  1. イタリアのサスペンダーブランド、BRETELLE&BRACES!

  2. 日本一のメンズファッションサイト「男前研究所」にALBERT THURSTONを取り上げて頂きました…

  3. 1点物のオーダーアクセサリーでお客様へ1歩踏み込んだサービスの提供を。

  4. ALBERT THURSTON 200thモデル入荷!! サスペンダーの箱が新しくなりました!!

  5. 略礼服は日本独自のフォーマルウェア?

  6. 深喜毛織の最高級素材、カシミヤ、グアナコ、アイベックスの販売開始致しました

  7. メンズフォーマル基本編と応用編

  8. サスペンダーマニア必見!ALBERT THURSTON工場を見に行こう!

  9. 使って便利なアイテム!ALBERT THURSTON クリップ オン ボタン

PAGE TOP