注目の記事 PICK UP!

タキシードの歴史(燕尾服からタキシードへ タキシード誕生2つの物語)

EXCY FORMAL NEWS担当の洲鎌です。今では夜の正礼装として最もポピュラーなタキシードですが、その歴史をたどってみたいと思います。

タキシードが誕生する以前は夜のフォーマルウェアといえば燕尾服が一般的でした。タキシードは燕尾服を原型とし燕尾服の裾を切り落とし前身頃のシャープなカットをなくし、ジャケットのように仕立てた物がタキシードとして誕生しましたと言われております。

実はタキシードの誕生に関して2つの説があります。

【英国誕生説】

1800年代の後半頃英国で誕生したとされるタキシードは燕尾服の裾をカットして、前身頃の裾のラインもジャケットのように緩やかになり当時はスモーキングジャケットと呼ばれ英国紳士が部屋の中でタバコを吸いながらくつろぐ際に着用されていましたが、当時の皇太子エドワード7世がイギリス南部の高級リゾート地のカウズでディナーの際の衣装として着用するようになり堅苦しい燕尾服にかわる夜のフォーマルウェアとして流行しました。またスモーキングジャケットは高級リゾート地のカウズの名にちなみ別名「カウズジャケット」とも呼ばれていたそうです。

【アメリカ誕生説】

アメリカのニューヨーク州にある「タキシードパーク」という村で1800年代後半にアメリカのタバコ王と呼ばれたピエール・ロリラード4世が主催する上流階級のパーディー「タキシード・クラブ」が開催されました。その際タバコ王の息子であるグリズウォールド・ロリラードが燕尾服の裾を切り落とした真紅のジャケットに黒の側章付きパンツをコーディネイトした姿で現れこの斬新な装いが人々の話題となり、1890年代にニューヨークで大流行したのがタキシードの誕生説となっております。

個人的にはタキシードのスタイルは英国誕生説が現実的かと考え、名前としての由来は「タキシードパーク」という地名とも一致する部分があるアメリカ説が有力のような気がします。 はたして真相は? いづれにしてもどちらも誕生説として興味深い話だと思いませんか?

関連記事

  1. 富士吉田のシルクジャガード、英国バーナーズのシルク生地、山栄毛織の美しいリネンの生地見本が出来ました…

  2. クラッシックなスタイルにオススメのメンズアクセサリー

  3. 蝶ネクタイ誕生の歴史。スカーフからネクタイそして蝶ネクタイへ。

  4. 今更聞けない、シルクの匁(もんめ)とは、打ち込み本数とは

  5. 英国バーナーズの高級シルク生地で作るウェディング用ご新郎様向けオーダーマスク

  6. オーダーメイドのご新郎様のタキシードにも!ボタンをお探しでしたらEXCY FORMALまで!

  7. 深喜毛織の最高級素材、カシミヤ、グアナコ、アイベックスの販売開始致しました

  8. 勲章に関する疑問(種類、デザイン、つけ方、衣装)

  9. 冬のフォーマルにはチェスタコート首元にはシルクのストールで

PAGE TOP