注目の記事 PICK UP!

サスペンダー用のボタンはズボンのどの位置に縫い付ける?

EXCY FORMAL NEWS編集部の洲鎌(すがま)です。
前回に引き続きお客様からの問い合わせの多いフォーマルのルールや着こなしについて簡単にまとめてみました。

時間と装いの関係

午前中の正礼装としてのモーニングコート、夜の正礼装としてのタキシードなど

国際的には時間帯で着用するフォーマルウェアは正式なルールがあります。

日本ではどうでしょうか?

日本の場合海外と違ってフォーマルウェアを着用するシーンが少なく

主に結婚式、披露宴が主流です。

その為、日本人の多くはフォーマルに関するルールの知識が殆どないのが現状です。

結婚式では新郎新婦の父親はモーニングコートの着用が一般的で昼、夜で時間帯を意識することもあまりありません。

ルールーに忠実な方は結婚式や披露宴が夜の場合タキシードを着用される方もいらっしゃいますが、海外と比べると非常に少数です。

日本独特な文化ですので強く否定するつもりは全く無いのですが、正式なルールを知っておくことは大切なことだと思います。

タキシードには蝶ネクタイトカマーバンド。それとも・・・?

ブラックタイと呼ばれるタキシードは通常、黒の蝶ネクタイとカマーバンドを合わせます。

素材はタキシードの衿に使用されている拝絹地(はいけんじ)と呼ばれる美しい光沢感のある素材と共の生地で出来た物がオススメです。

気軽なパーティー等では黒以外でエンジ、グレー、柄物で合わせてもお洒落です。

またカマーバンドの変わりに黒のVゾーンの深いUネックのベストもオススメのアイテムです。

フォーマル用のズボンにベルトはタブーですか?

タキシードやモーニングのズボンは必ずサスペンダーを使用します。

貸衣装等ではクリップで留めるタイプのサスペンダーが主流ですが、出来れば本格的にサスペンダーボタンに引っ掛けて着用するとシルエットも美しくオシャレです。

通常のベルトはタブーですのでベルト用のループが付いている物は避けましう。

サスペンダー用のボタンはズボンのどの位置に縫い付ける?

サスペンダーのボタンの位置についてよく質問を受けるのでご紹介させていただきます。

それではボタンの取り付け位置を説明させて頂きます。

通常はズボンの内側に付けますのでそれを元にした説明です。

まず後ろ部分ですが中央部分(縫い目がある部分です。)の2.5センチ下がった部分の左右5センチの位置にボタンを1個ずつ縫い付けます。(左右のボタンの間隔は10センチ)になります。

続いて前部分右側の位置はズボンの折り目の延長線上(大体一個目のルーブの位置)の2.5センチ下に1個付けそこから脇に8センチの部分に1個付けます。

前部分左も右部分と同じ要領でボタンを2個取り付けます。

法人でフォーマルアクセサリーをお求めの方はAPPAREL Xへ、

個人でお求めの方はEXCY FORMAL
その他のご相談は株式会社ヤマモトへお問い合わせください。

Please Follow Me

カタログ請求はこちら

関連記事

  1. オンライン挙式?アフターコロナ・ウィズコロナ時代のウェディング、現状について考える

  2. 略礼服は日本独自のフォーマルウェア?

  3. 即位の礼 伝統的儀式、式典は格式高い装いをみるチャンス

  4. このアイテムは英語で?フォーマルウェアの英語まとめ

  5. 受験レポ!フォーマルスペシャリスト検定二級(シルバーライセンス)気になる出題形式、難易度は?

  6. 正式なタキシード用シャツとは?

  7. ダブルカフスとシングルカフス、どっちが正式?意外と知らないフォーマルシャツのこと

  8. タキシードには何を履く?

  9. 履歴書に書ける?フォーマルスペシャリスト検定ってどんな資格?

PAGE TOP