注目の記事 PICK UP!

今さら聞けない!?華やかなパーティーシーンに欠かせないポケットチーフの基礎知識

毎度お世話になっております。EXCY FORMAL NEWS編集部の山佑です。

久しぶりの投稿になります。

さて、今回はタイトルにもありますように、フォーマルシーン(弔事は除きます)における、ポケットチーフの素材や色、挿し方など知っていて損はない、そういった基礎知識を発信したいと思います。

まず、フォーマルとは

公式の場から社交の場において、人間関係を円滑にするために決められた礼儀作法です。

では、日本における「礼儀作法」とは、日本人が大切にしてきた形のない礼儀作法の「心」と「形」、礼儀作法の「礼儀」は、『相手を敬い、思いやる心』であり、「作法」はそれをどのように表現するかということです。従って、「礼儀作法」とは、相手を思いやる心の表現方法のことです。

作法には、過去から脈々と流れる「しきたり」のような面と、相手と自分の置かれた状況によって変化する「社交」のような面があり、根底には文化と深い関わりがあります。

また、T・P・O(ティーピーオー)で着分けるとは、Time(時間)・Place(場所)・Occasion(場合)という意味の言葉で、「時と場所、場合にあった方法で着分ける」ことを考慮するということです。

~日本フォーマル協会発行 のフォーマルウエア スタイルガイドより抜粋~

スタイル別チーフの基礎知識

・モーニングコート: 白の本麻チーフ。挿し方はスリーピーク。

画像はちょっと特殊なホワイトのモーニングコート
国産の麻を100%使用したスリーピークチーフ
リネンの最高峰と呼ばれるアイリッシュリネンにコットンを織り混ぜたのポケットチーフ

・ディレクタースーツ: 素材は本麻か絹。色は白かシルバーグレーが基本となります。

国産の16匁ツイルのシルクを使用した定番の白色チーフ
こちらも上記と同素材のライトグレーのシルクチーフ

・燕尾服(スワロウテイルコート): 白色で本麻か絹。こちらも挿し方はスリーピークが基本です。

・タキシード: 白色で本麻か絹。 挿し方はスリーピークやパフドスタイル。

ピークドラペルのブラックタキシード

・ファンシータキシード/スーツ: 夜を彩る準礼装。上記の礼服に比べるとかなり自由度が上がります。一般的には、ネクタイやカマーバンドに合わせたチーフ、同色系の柄物で個性を出すなどで、挿し方は華やかにスリーピークやクラッシュドなどでいかがでしょうか。

色数豊富なドット柄のポケットチーフ
蝶ネクタイ、ベストと合わせたイギリスのVANNERSの生地を使用したチーフ

・ブラックスーツ/ダークスーツ: 基本的には白かシルバーグレーのシルクのチーフ。しかし略礼装ですので、色や柄があるものでしたり、ネクタイやベストに合わせたコーディネートも◎です。挿し方も、フォーマルシーンを華やかにするのに、パフドスタイルやスリーピークはいかがでしょうか。*入園や卒園、お受験の際などは、基本に忠実が良です。

1枚に6色のカラーが入っているシルクチーフ。お洋服や小物に合わせてみてはいかがでしょうか。
上のチーフのパステルカラー版となっております。
こちらは6色チーフのペイズリー柄です。手捺染により染め上げております。

まとめ

チーフにクローズアップした、慶事における基本的な装いを書かせていただきました。参考になれば幸いです。

それと、今回当社の扱っている様々なチーフをご紹介させていただきましたが、全てのチーフが、当社のグループ会社が運営している、アパレル資材BtoBサイトのApparelXにてご購入いただけます。*全てのチーフの画像にリンクを貼っております。
こちらはご登録にほんの1分ほどしかかかりませんので、その他のフォーマルアクセサリーも含め様々な商品を掲載しておりますので、ぜひご登録ください。

また、チーフの挿し方に付きましても、動画で詳しく説明させていただいておりますので、こちらも合わせてご利用くださいませ。*ほかにも、アスコットタイや手結びタイなどの動画もございます。

「動画で解説、正しい結び方、挿し方_EXCY FORMAL」

その他、

フォーマルアクセサリーをお求めの方はEXCY FORMAL
企業のOEM/ODM等のご相談は株式会社ヤマモトへお問い合わせください。

関連記事

  1. 伝統の技術と革新的なデザインの西陣織アクセサリー

  2. 「即位の礼」宮中行事の装い

  3. 意外と沢山ある!?サスペンダーの帯の種類について

  4. ALBERT THURSTON 200周年記念モデルの記事が繊研新聞に取り上げられました!

  5. 秋冬のフォーマルシーンにオススメ

  6. 新フォーマルアクセサリーカタログ完成

  7. エレガントを極めるイギリス カフスボタン ブランド「CODIS MAYA」

  8. 京都の織鼈甲のメンズフォーマルアクセサリーとは?

  9. ALBERT THURSTON 200周年 アニバーサリーモデル登場

PAGE TOP