注目の記事 PICK UP!

2022年2月号_EXCY FORMAL MAGAZINE

いつも大変世話になり、誠にありがとうございます。
EXCY FORMAL NEWS 編集部の福田です。

あっという間に1ヶ月が過ぎました。
まだまだ、寒い日が続きますが皆様、お体に気を付けて下さい。

それでは、今月のEXCY FORMAL MAGAZINEのお届けです。

業界ニュース

2022年のブライダル市場におけるキーワード予想

ブライダル各社が力を入れている「フォトウェディング」は継続したトレンドが予想されます。

また、フォト会場としても、アウトドアやグランピングは、今後ますます注目されていくのではないでしょうか。

そして、「ファミリーウェディング」、家族婚の需要増加による少人数特化プランでしょうか。

コロナを言い訳にする時期は終わった

ブライダル産業新聞の1月21日発刊(第1141号)に掲載されましたコラムです。

年明け早々のおミクロン株の感染拡大で、ブライダル業界では昨秋以降回復傾向にあった集客、施行への影響が不安視され、さらなる対応が求められそうだ。
そうした状況ではあるが、昨年秋以降、新規集客がコロナ目の水準またはそれ以上に高まってきたという話も聞かれるようになった。一方で、70、80%にとどまっている企業もあり、すでに差が生じている。今後は更にその差も広まっていくことが予想され、コロナ語の勝ち組負け組が鮮明になるのも時間の問題。
コロナによって、ユーザーの会場選びが慎重になり、これまで以上に熟考するようになった。情報収集のメディアもゼクシィのみならず、ツイッターやインスタなどの評判も含めて様々なツールを使って情報を収集して判断基準としている。本当に魅力的な企業が生き残っていく。
*一部抜粋

ブライダル産業新聞

私達EXCY FORMALもコロナを言い訳にせず、真にお客様の喜んでいただける商品、サービスをご提供してこうと、固く心に刻んだ次第でございます。はい。

約款改訂で結婚式保険が人気

こちらもウィズコロナ時代においては注目されるのは必然かもしれませんね。

「まだまだコロナに対する不安感があり、仮に自身や家族が罹患すれば、結婚式も中止せざるを得ない。」そういったコロナ罹患にも対応するこういった商品は今後も増えていきそうですね。

今月の私達の活動報告

新デザインの蝶ネクタイを定番の黒の拝絹地で作成しました。

先月お伝えした新デザインのvanners(バーナーズ)蝶ネクタイと同じデザインの黒の拝絹106シリーズを商品化いたしました。黒の拝絹地106を使用した蝶ネクタイは弊社のフォーマルアクセサリーの中でもとても人気のアイテムで何十年も前からお客様にお使い頂いているロングセラー商品です。これまではスクエアータイプで5cm幅、6cm幅と5cm幅のポインテットタイプの3種類でしたが新たに2つのデザインを加えることでお客様のコーディネートの幅が広がります。

拝絹地に関する詳しい情報はEXCY FORMAL NEWSブログの(無地だからこそ素材の良さを実感できます)をご覧下さい。

一番オーソドックスなスタイルのNEモデルのスリーピースのブラックのスーツとNewデザインの蝶ネクタイをコーディネートしてみました。
ブラックスーツは三ツ星オーダースーツ工場のジェンツにて縫製致しました。
シルエットがとてもきれいで気に入っています。

さらにベルベット生地を使用して、、

今後、新商品としてベルベットの蝶ネクタイの製作を検討しております。

ベルベットで有名なアゲハラベルベット㈱様の生地サンプルよりまずは素材選びからスタート。

1月のイチオシブログ

担当洲鎌が書いた、メンズフォーマルにおける様々な疑問や過去お取引様よりご質問があったことを交えた、Q&A方式のブログです。
この道、30年を超える彼ならではのブログとなっておりますので、こちらもご覧いただければ幸いです。

世界の挙式

~北マケドニア共和国~

世界中のウェディングや民族衣装などに関する情報を発信する世界の挙式のコーナーです。

今月の衣装の国は北マケドニア共和国です。

引用元 http://www.popsugar.com/

北マケドニア共和国は東ヨーロッパのバルカン半島南部に位置する共和国です。ギリシャ、ブルガリア、アルバニア、セルビアやコソボと、四方を外国に囲まれた内陸国になります。

北マケドニア共和国の花嫁衣装は、シルバーとゴールドのコインを縫い付けられた華やかなレッドのドレスです。
結婚指輪を通して新郎を見つめ、「私を歓迎してね」と伝えるのが北マケドニア共和国の伝統です。

引用元 https://www.afpbb.com/articles/modepress/2254697?pid=1786028

結婚式を行うにあたって大きなイベントに花嫁を向かえに行くというものがあります。
迎えに行くのなら、車でいいのではないかと思われる方も多いかもしれませんが、伝統的な結婚式での出迎えですので車などは使ずに大人数で列を成し、国旗を掲げてに花嫁の自宅へと行進をします。

如何でしたでしょうか。
今後も皆様のハレの日を応援すべく、お役立ち情報を掲載致します。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

そのほか、法人様でフォーマルアクセサリーについてのOEM/ODMや、大口ご注文での別途お見積り依頼、営業担当からのご連絡をご要望の場合は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ヤマモト広告.300.250.jpg

または、上記でもご案内させていただきましたBtoBのアパレル資材サイト「ApparelX」も合わせてご覧ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: アパレルエックスブログ用-1.jpg

個人様でフォーマルアクセサリーのご購入をご検討の方は、こちらの公式オンライストアをご利用くださいませ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1.jpg

または、商品紹介や取扱店舗など、随時更新しております、ブランドサイト「EXCY FORMAL」も覗いてみてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: brand.jpg

福田 将史

メンズフォーマルに携わり10年以上。
皆様のハレの日を応援致します。

関連記事

  1. 繊維ニュースに記事を掲載いただきました_正統派タキシードの販売開始

  2. 2020年秋ファッションワールド出展!リラックスフォーマルの提案。

  3. 型紙、縫製、生地に拘ったコストパフォーマンス良しの正統派フォーマルウェア卸販売開始_ブライダル産業新…

  4. 2022 ALBERT THURSTON (アルバートサーストン)新作コレクション発表

  5. 2021年7月号_EXCY FORMAL MAGAZINE

  6. 2021年6月号_EXCY FORMAL MAGAZINE

  7. 2021年8月号_EXCY FORMAL MAGAZINE

  8. 2022年5月号_EXCY FORMAL MAGAZINE

  9. 2022年3月号_EXCY FORMAL MAGAZINE

PAGE TOP