注目の記事 PICK UP!

シャツの歴史を辿る。シャツに関する様々なストーリー

こんにちは。EXCY FORMAL NEWS担当の洲鎌です。今回はシャツに関する歴史や時代時代によるシャツの位置づけ、スタイルとうに関し書いてみました。

シャツの誕生

シャツの誕生は17世紀頃のヨーロッパと言われております。当時のシャツは高価な上着やウエストコートを汗や汚れから守る為の下着としての役割でした。高価な衣服を身につけていた紳士達の為のシャツはおそらく庶民のあいだでは着られていなかったのではないかと思われます。17世紀頃の紳士達の衣装はフロックコートがメインでしたのでおそらくシャツ自体、衿元意外は表から殆ど見えなかったのでしょう。時代は違いますがその後登場するタキシードや燕尾服用のドレスシャツのアクセサリーとして誕生したカフリンクスやスタッドボタンもシャツは下着であるという概念から少しでもエレガントに見える為に作られたアクセサリーなのでしょう。

下着から進化したシャツ

当初シャツは頭から被るかたちのものでしたが、1871年ロンドンのブラウン・デイビス社が初めてコートスタイルの前開きシャツを販売しました。19世紀頃になるとシャツは単なる下着ではなく衣服として重要な位置を占めるようになりました。ダンディズムの祖と呼ばれたジョージ・ブライアン・ブランメルを筆頭に多くの英国のダンディー達が、上質で美しいリネン素材のシャツを愛用するようになり、シャツは英国紳士のあいだで重要なファッションアイテムとなりました。

ジョージ・ブライアン・ブランメル

シャツスタイルの変化

19世紀半ばまでは高品質な白いシャツを着ることが出来たのは裕福な紳士達で、19世紀半ば以降は洗濯技術の向上によりシャツの市場は拡大していきましたが、それでも上流階級、少なくとも「ホワイトカラー」の中産階級の男性の象徴であることに変わりはありませんでした。20世紀に入りウエストコートスタイルが減り煙草やペンを入れるためにシャツにポケットが付いたシャツが登場し今までのドレッシーなスタイルから素材も様々なカジュアルなシャツも誕生しこれまでシャツを着ることが殆ど無かった一般庶民の間でもシャツが着られるようになりました。しかし上流階級の間ではポケットつきのシャツは邪道と考えられていたようです。実際現在においてもフォーマル用のドレスシャツにはポケットは付いていないのがその名残なのでしょう。

取り外し式のシャツの衿

19世紀頃のドレスシャツの衿はターンダウンカラーとウィングカラーの脱着式のタイプが多く存在しました。これは衿の形を自由に選ぶことが可能であると共に、特に汚れて痛み易い衿が取り替えられるため、高価なシャツには欠かせない機能だったのでしょう。最近はあまり見かけなくなりましたが、以前は弊社でもこのタイプの燕尾服用のイカムネシャツを取り扱っておりました。最近は社交ダンス用のシャツで見かける程度になりました。

そのほか、法人様でフォーマルアクセサリーについてのOEM/ODMや、大口ご注文での別途お見積り依頼、営業担当からのご連絡をご要望の場合は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ヤマモト広告.300.250.jpg

または、上記でもご案内させていただきましたBtoBのアパレル資材サイト「ApparelX」も合わせてご覧ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: アパレルエックスブログ用-1.jpg

個人様でフォーマルアクセサリーのご購入をご検討の方は、こちらの公式オンライストアをご利用くださいませ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1.jpg

または、商品紹介や取扱店舗など、随時更新しております、ブランドサイト「EXCY FORMAL」も覗いてみてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: brand.jpg

洲鎌

メンズフォーマル一筋30年。メンズフォーマルのことなら全てお任せ下さい。

関連記事

  1. これだけは避けたいフォーマルの着こなしPart2

  2. 今更聞けない、シルクの匁(もんめ)とは、打ち込み本数とは

  3. 京都伝統の技と文化から作られたメンズアクセサリー

  4. スタッドボタンの種類 (バネ式、ネジ式、ワンタッチ式、固定式の違いについて解説!)

  5. アルバートサーストンをオーダーする方法。帯の種類、革の色をお好みで選ぶ。

  6. タキシードの歴史(燕尾服からタキシードへ タキシード誕生2つの物語)

  7. 2022年7月号_EXCY FORMAL MAGAZINE ~タキシードの歴史と合わせるアクセサリー…

  8. アスコットタイにもこんなに様々な形があるんですね!

  9. 略礼服誕生の物語。

PAGE TOP