注目の記事 PICK UP!

袖元のオシャレ!フランスのカフリンクスブランドWARMANのクレストボタンが入荷しました!

warmanのクレストボタン

こんにちは!!EXCY FORMAL NEWS編集部の地代です。

9月も中盤!夏も終わり、段々涼しい季節になってきましたね。

今回は新しく、パリの歴史あるカフリンクスメーカーWARMAN(ワルマン)社から入荷したクレストボタンについてご紹介したいと思います。

クレストボタンとは

まず、クレストボタンとは!

カフリンクスの一種で、ゴム製のもの。

日本のオーダー業界ではゴムカフスの別名としてクレストボタンと呼んでいます。因みに海外では、エラスティックカフス、ファブリックカフスと言うそうです。

一般のカフリンクス同様、ダブルカフス、テニスカフス、コンバーチブルカフスなどに使用できます。

貴金属や貝などのカフリンクスよりもカジュアルな感じに使うことがができるアイテム。

また、ゴム製なので、比較的価格帯もお財布に優しく、手軽に挑戦したり、何色か揃えてその日の気分で色を変えたりできるのも魅力の一つです。

面白そうだけど、とったりつけたり煩わしいのは嫌い!というズボラな方はにこそ、クレストボタンはおすすめです。

袖口につけっぱなしにしても、しっかり伸縮性があるものであればそのまま袖から手を抜けるからです笑

今回はそんなクレストボタンを丸形(全10色)花形(全5色)の2タイプでご用意しました。

WARMANの2in1カフリンクス

こちらは以前からEXCY FORMALで取り扱っているWARMANのカフリンクスです。

ヨーロッパ独自の繊細な色使いと美しいフォルムが魅力で、中央部分にはリザードスキンが使用されています。カラーは全6色

2 in 1仕様となっており、通常のカフリンクスでの使用の他に、切り離した上部を通常のボタンの上にかぶせて着用できる、特許取得済みの貴重なカフリンクスになっています。

以上、クレストボタンとWARMANのカフリンクスについての紹介でした。

フォーマルアクセサリーをお求めの方はEXCY FORMAL
企業のOEM/ODM等のご相談は株式会社ヤマモトへお問い合わせください。


地代

地代

入社二年目のひよっこ社員です。
初めて見る人にもわかりやすい記事が書けたらいいなと思っています。
趣味:観劇 TDR

関連記事

  1. 京都の織鼈甲のメンズフォーマルアクセサリーとは?

  2. エレガントを極めるイギリス カフスボタン ブランド「CODIS MAYA」

PAGE TOP